招き猫が幸運を招く?

 東京に出かけた話しを来年に引っ張るわけにはいかないから、病み上がりの身体に鞭打って記事をアップしよう。
 
 どういうわけか、年末年始に体調を崩すことが多いので、喉にミストを当てる器械を買ってみたり、カラオケのマイクの除菌に気を配ったり風邪をひかないようにしていたのだけど、クリスマスを目前にして、お腹が痛い。
 
 宮城県の牡蠣がノロウィルス検出で出荷停止になってしまっているけれど、残念ながら姫は牡蠣が苦手、口にするわけがない~なにが原因かわからないのだけど、今年の初めにインフルエンザでお世話になった主治医の見たくなかった顔を今一度拝みに行く・・・やはり感染性胃腸炎。

 ノロではないらしく、吐いたりお腹が下ったりはしなかったけれど、お医者さんの出してくれた薬を飲めば3日でよくなる、もし下痢止めなんかを飲んでしまっていたら、酷い時には2週間は完治するまでかかることもあるというので、素直にすばやく病院で受診して正解でした。
 
 自然治癒力を信じて単なる咳、と放っておいて気管支炎となり長く苦しんでからは、病気の時はさっさと降参して病院に行くのをダーリンは「病院が好きだねぇ」というけれど、帯状疱疹の時だって、すぐに診てもらったから薬を早く飲むことが出来、神経の痛みが残ったりしなかったのだ。

 というわけで、クリスマスのディナーに用意しておいたチキンレッグもまだ冷凍庫で眠っているけれど、本当に3日したら元気になった。マリオ君の散歩はダーリンではマリオ君にかなり不満が残っているようなので、2日めからふらふらと出かけてはいたけど。



 姫は犬を飼うまではにゃんこ姫とか言われていて、猫好きだったのだ。
 台湾の猫好きが日本に来て行くべき3つのところ、のひとつが猫カフェ。ふたつめは宮城県の田代島。そしてあとひとつが東京の豪徳寺。
 
 猫カフェに行ったことはないけれど、田代島はもちろん行ったことがある。初めてマラソンを走ったのが、この猫だらけの島で初めて行われたマラソン大会だった。

 で、豪徳寺の写真を見て、招き猫発祥のお寺だというし、ぜひ一度訪れなければと思っていたのだけどなかなか叶わなかったので、今回は一番に出かけることにしたのだ。
             161204_1303~01
 姫は方向音痴なので、なるべく近くの駅から向かったのだけど、どうやら普通の参詣順序とは逆向きだったみたいでお札を買うところに至るまでにどこにも招き猫の姿がない。
 どういう風にお参りしたら良いのですか?ときいてもあまり要領を得ない。まさか、招き猫のいっぱいいるところ、ともきけないので、おろおろその辺りをあるいてみたら、なあんだ、その一角にだけ、あの写真で見た光景が広がっているのね。

 全然、多くないです、観光名所にするなら、もっともっとお寺さんの本堂にも溢れるように沢山居て欲しかったですぅ。
               161204_1315~01
               161204_1315~02

 お侍さんが猫に招かれてお寺に寄り、お茶をごちそうになっているうちに雨が降ってきて濡れずに済んだというのが招き猫発祥の話しらしいのですが、招き猫は大きさが様々あって、それを買って願いが叶ったら奉納して帰るそうですが、もっともっと願いが叶って沢山の招き猫で埋め尽くされるようになるといいですね。


 で、その近くにおそばの有名店があるとはきいていたけれど、反対方向なので2番人気の福室庵に行こうと決めていたけれど、なにせ方向音痴のナビなしなので、行けたら・・・くらいの気持ちで歩いていたら幸運にも見つけることが出来た。
 創業昭和八年の老舗で、なんと嬉しいことに壁には芸能人の色紙が貼ってある。
             161204_1339~01

 「小栗旬」なんて色紙には目もくれず、落語家の色紙を撮っていたら、落語お好きなんですか?なんてお店の方に話しかけられ、先日花緑さんにこのイラストと同じのを書いて頂いたものですから・・・と言ったら、
             161204_1342~02

小さん師匠のお墓がこのちかくのお寺にあって、法事の時に皆さんでうちにお寄りいただくんです、なんて話を聞かせて戴いたりして。
             161204_1342~01

 もちろん、頂いた招福そばは具材が豪華なおいしいお蕎麦でした。
             161204_1339~02

「時そば」の中で、かまぼこの厚みが厚いだの紙みたいに薄いだのいうところがあるんですが、なにもこんなに厚く切らなくてもお客さんは文句言わないよ、というくらい超厚切りでした。 
                 
 
スポンサーサイト

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

line

谷中の猫てぬぐい

 そういえば、てぬぐいの話しで思い出したけど、こないだ東京に遊びに行った時に、ひとり谷中で遊んだことを報告するのを忘れていました。
 南青山のライブハウス曼荼羅で行われた倉橋ルイ子さんのライブを見ることが大きな目的のひとつであったのです
                 160624_1738~01

が、娘はその日は忙しかったので、ライブ始まりの夕方までひとりで過ごさなければいけなかったのです。

 昔、行ったことはあるのですが、この頃テレビでよく紹介される谷中銀座でのんびり食べ歩きをきままにしてみたい、という希望を叶えたいと思っていたので、方向音痴ながら、谷中銀座なら一本道だし迷うことはあるまいと出かけたのでした。
                160624_1228~01
 入り口で枇杷を鳥がついばんで汚れるのだと話すおばさんと立ち話。この階段を降りてのんびり歩きます。
                160624_1229~01
珍しい色の朝顔が咲いていました。
                160624_1228~02
 すると、すぐに姫の大好きなてぬぐいが売られているのを見つけました。
 谷中は猫が多く、しかも町中でみつけたと思うと、猫の像だったりするのです。それをウリにしているので、猫の模様のバッグやらてぬぐいやらがおみやげとして売られているのです。
 あまりに買い物するのが早過ぎるかと思ったのですが、どこより安いよ、という言葉を信用して、もしかして戻らないで別の駅から帰ることになるかもしれないとも思い、買ってしまいました。
                  160808_1755~01
 廊下に飾ってみたら、なかなかの迫力でしょ。
                  160808_1755~02
                  160808_1755~03
 
 次にねこのしっぽ屋さんがありました。しっぽのカタチのスティックドーナッツのお菓子です。見た見た、これも芸能人が食べていたっけ。
                  160624_1242~01
                  160624_1243~01
 メンチカツも有名なのよね。かなりお肉感しっかりのお味です。
                   160624_1340~01
 ほら、猫。うふ、そう、つくりもんよ。
                   160624_1331~01
 和栗のスイーツ専門店もあるんです。
                   160624_1327~01
和栗のソフトを頂きました。 
                   160624_1326~01
栗大好きですもん、こういうのが食べてみたかった、後悔しないお味。

 お友達におみやげを買おうと思ったのよ。たしか、豆菓子なんか好みかな?と探していたんだけど、見つけたお菓子はなぜか製造地が東北。あれ?じゃ、谷中しょうがのおせんべいなら東京と書いてあるから、これにしよう。
                   160826_1600~01
 自分も食べてみないとね~と食べてみたら、
                   160826_1601~01
これが、しっかり生姜の味はするし、一枚の大きさといい、硬さといい、せんべいとしての厚みといい、なぜか姫の好みどんぴしゃ。娘におみやげとして買って来てもらおうと売っているところをチェックしたら・・・これが谷中のあのお店にしかないのよねぇ。
まぁ、駅の反対側の繊維の問屋街に彼女は行くことがあるからその時にぜひ買って来てもらおうとお願いしていたら、わざわざお店から電話してきてくれたのよねぇ。 いわく10袋もいらないんじゃない?5袋でいい?
 お店の人にきかれて笑われた、1袋で十分なんじゃないですか?って。
 なんて、商売っ気がないんでしょ。
 娘は5袋持ってやって来たんだけど、お友達に谷中でしか買えないのよ、なんて自慢しながら配っていたら、自分の分がほとんどなくなってしまった。
 また買いに谷中まで行って来なくちゃ。 
                160826_1601~02
そう言ったら、マリオ君が呆れて、おせんべいみつめているわ。   
                

theme : ちょっとおでかけ
genre : 旅行

line

傘の花

冷たい雨に傘の花
咲かせてくれた人さえ
今では探せはしないこの街・・・というのはテレサ・テンの名曲、「雨に濡れて」の一節ですが、早くこの記事をアップしないと、関東・東北地方の梅雨が明けてしまうと、内心焦っていたのですが、一向に梅雨明けの情報はきかれず、一体どうしたことでしょう?
 このままでは梅雨明けが8月にずれ込む、もしくは今年は梅雨は明けないままに秋になりましたというのでしょうか?
 いやいや、今年の夏は猛暑だというではありませんか?あと少しの辛抱!?



 東京で遊んだのもなんだか前の話ですが、自由ヶ丘の話しを書きましょう。
 
 娘が傘が欲しいと連れて行ってくれたのが、Cool Magic SHU’S / クール・マジック・シューズ という1~4階までが傘という約5000本の傘が並ぶ専門店。シューズといっても靴屋さんではありません。
               160626_1507~01

 帰ってからすぐ、朝の情報番組でその店の珍しい傘の色々を紹介していたので、なんてトレンディなお店に連れて行ってくれたのだろうと娘におもわずお礼を言いました。

 中でもその番組でも紹介していた、世界最軽量の98gしかない晴雨兼用のUVの傘を娘とお揃いで買って来たとは、なんて姫ってお目が高い!
                160627_1149~01
                160627_1150~01
 
 娘はそれでも飽き足らず、店のすぐ近くのアウトレットでも重たい立派な傘を少し安く買い求め、この良いお天気に自前で持っていた日傘と一緒に何本傘を持ち歩けば気が済むのだろうと笑ったのでした。



 自由ヶ丘といえば、スイーツの聖地、娘が選りすぐったお店、「パティスリー・パリ・セヴェイユ」。
                 160626_1524~01

 絶対食べてみたいケーキは予約しておかないと、売り切れになる場合があるというので、事前にいくつかのケーキを予約して行ったものの、イートインの席の予約はできないので、狭い店内で重たい荷物を抱えながら、ひたすら待つ。
 お、あのカップル席を立った・・・え~?お代りのケーキの注文ですかぁ?新幹線の時間が迫っているから、食べたらすぐに東京駅をめざさないと・・・なんでこんなに待っている人がいるのに食べ終わってもぐずぐず余韻を楽しむ!?普通のカフェじゃないんですよぉ~いい加減にしなさい!!と叫べるはずもなく、ひたすら待つ。

 で、どんなだったかって?
 そりゃあもう、いくら食べてもそれぞれの主張が心地良くて、飽きない。できるものなら、あれもこれももっと食べていたい。
 
 写真、撮っちゃいけないんですって。
チョコレートのも、キャラメルのもバニラのももう、どれもこれもこんな美味しいケーキはそうそうお目にかかれるものじゃない。
 
 やっぱり、東京には美味しいものがある。材料もつくる人の素晴らしい技術も集結しているのだよね~
こちらのカ○ノリさんにも、もっと勉強してもらって、こんな美味しいケーキをいつでも身近で食べることが出来る未来を期待したいものだ。

theme : スイーツ
genre : グルメ

line

梅雨の晴れ間

 今年の梅雨は梅雨らしい雨の日が多いと思いませんか?
ここ、仙台では気温低めの霧雨が降る日々が続いていますが、今日はベランダに干しっぱなしだった洗濯物がからりと乾くような朝から良い天気です。
             160621_0932~01
上まで咲けば梅雨も終わるというたちあおいの花も、これは10日くらい前の写真ですから、そろそろ上まで咲いているのではないでしょうか?
             160621_0932~02

 同じところに咲いていても、こちらはたぶん八重咲きなのね?


 梅雨だから天気は期待しなかったけれど、また東京に遊びに行って来ました。

 娘は仕事をしているので、100%つきあってくれたわけではないけれど、前回行けなかったところに予約を入れたりして、短い滞在に盛り沢山なスケジュールを詰め込んで楽しんで来ました。

 今回の目玉はブルガリのアフタヌーンティーだったのですが、値段も高いからランチ代わりと思っていたら、15時にしか空きがなくて、マリオ君を散歩させてから出かける姫の到着に合わせていつもはランチから始まるのが常なのですが、そこでたらふくおいしいランチを戴くと一応ダイエッターのふたりがおやつを・・・もとい、素晴らしいアフタヌーンティーを十分に楽しめなくなる。。。

 すると、娘が私が軽いものをなにか作っていくから、それをつまんでお昼は我慢して万全なアフタヌーンティーにしようと、提案してきたので、お任せすることにしました。
             160623_1250~01

 なんて素敵な生春巻き!

 さて、予約の時間まで、まずは姫がテレビで見たという渋谷のロフトに期間限定で出店している「岩下の新生姜ミュージアム」のカフェで、可愛らしい新生姜のピンク色のアルパカのぬいぐるみを買いに行きました。
 娘は以前栃木にいたので、なにも栃木のミュージアムなんて今更珍しくもないと言っていたのですが、このピンクなんだか抱きしめたくなると思いません?
             160623_1314~01

 しかしながら、カフェは並んでいたし、手頃なサイズのアルパカちゃんも居なかったので、カフェの人とお話ししただけで終了。
 新生姜好きの姫としては栃木市のミュージアムに行ってみたいですけど、娘が引っ越した今はそのチャンスはないかな~。

theme : 東京23区
genre : 地域情報

line

東京グルメ旅 5

 kちゃんには大好きな栗のモンブランの情報も頂いていて、それがカフェ銀座みゆき館の和栗のモンブランがとってもおいしいとのこと、わざわざ有楽町に出向いて買ってみた。
             151106_2050~01
 やっぱり栗は和栗よね~
 そういえば、オーブン・ミトン・カフェでも同じ底がメレンゲになったモンブランでしたね。
             151106_1221~02

~こちらはイートインだったからかもしれないですが、パリパリに乾燥したままの食感が味わえて、コスパも良いから娘は小嶋先生に軍配を上げていましたが、姫はモンブランなら少々底が湿っていようとも、食べられたらどれも文句はないです♪
              

 さて、もうひとつの食べたかった食材、海老ですが、T家の血筋を受け継がない男どもはそんなに海老ばっかり食べなくてもいいと不参加だったりしたのですが、きのうはロブスター、今日はオマールよと得意げに言う姫にどっちも同じだよというので、超びっくり!

 アメリカンな方がロブスターでヨーロピアンなのがオマールでおなじザリガニちゃんらしいの、全然別物だと思っていました。
ま、これも海老なら何でもアリなんですが。

 それで、あのバジルソースの濃厚なパスタが食べたいといつも言うダーリンの為に八重洲の「海老バル」を予約しました。
                 151108_1721~01
 
こちら好奇心ある娘注文のしろえびの握り。
                 151108_1624~01

                 151108_1608~02
                 151108_1608~01

 お通しにパンが出ても、エビパンははずせないよね~
                 151108_1624~02

 さすがに前回ひとりひとつのオマールエビでなきゃ足りないとか言っていたけれど、ごはんタイムが近すぎて、沢山は戴けませんで。。。
 4時からやっているからって、夕飯4時で食べたら新幹線で仙台まで帰るって有り得ないスケジュールだったけど、マリオ君を預けている都合上早目の帰宅は仕方ないもんね。

 さすがに新幹線までの時間がたっぷりあったので、デパートなどを散策。
キャンデー屋さんのパフォーマンスにみとれちゃいました。
              151108_1823~02
              151108_1823~01
              151108_1827~01
 試食も頂いて美味しかったです。
              151108_1825~01

 帰りにはおまけのミニストップのモンブランソフト。
              151114_1306~01
 どんだけ、えびと栗好きなのぉ~                 

theme : おいしかった
genre : ブログ

line
line

FC2Ad

line
プロフィール

和波姫

Author:和波姫
FC2ブログへようこそ!

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
line
黄輪雑貨本店 新館
line
ペット人間化メーカー
line
楽天市場
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
QRコード
QR
line
sub_line