ブラックベリーのジャム

 何年か前に一度、富谷に住む友人から、ブルーベリーとブラックベリーが沢山生ったので送ってあげると言われ、楽しみにしていたことがある。
 
 ブルーベリーはうちでも生えているくらいだから、よくわかっているけれども、ブラックベリーに関しては見たことも食べたこともなかった。

 ラズベリーを黒くしたようなアントシアニンたっぷりっぽい実は、口に含むとかなり酸っぱく、ぶどうの種を小さくしたような種はたくさんあって、飲みこむのがためらわれる。齧ってもごりごりとして、ジャムにしても口当たりがとってもマズイ。(味じゃなくて、その残る舌触りというか)

 というわけで、このジャムは出来上がるまでに普通要らない、濾すという工程が必要になり、超めんどうくさい。

 でもそれでも出来上がったジャムはヨーグルトに入れたりすると、美しい色で、味もおいしく、おまけに身体に良さそう。




 ところが、毎年貰えるかと期待していたものの、剪定の失敗によるものか、樹勢の加減か、天候のせいか、ちっとも音沙汰なくなり、あとで聞いたところによると、ブラックベリーだけは元気だったみたいなのだけど、ブルーベリーがちっともならないので、姫に声をかけなかったみたい。
 昨年はあまりにもてあまして棄てたらしい。。。あ~もったいない。
 
だって、自宅に生るベリー類を摘んでジャムを作ったり、果実酒を漬けたり、パイを焼いたりするのは「大草原の家」や「赤毛のアン」に出てくるような、女の子の夢みたいな暮らしじゃないですか。

 ・・・現実が夢ばかりじゃないこともわかるよ。
 大人になった姫としては、そりゃあ、夢のように楽しいのも摘んでいる最初の5分くらいで、あとは、手が真っ赤にもしくは薄黒く爪の間に染み込んで取れなかったり、手がとがった枝やトゲに刺さって血が出たり、単調な作業に嫌気がさしたり、虫がいたり、日に焼けたり。
 少し摘んでは洗って冷凍したり、発送の手間はかかる、お金もかかる。

 でもそうして姫の自宅に今回は自ら運んでくれた6キロを超すマリオ君くらいの重さのブラックベリーは2日間の手間を要してすべてジャムにされた。
              130819_1623~01

              130819_1623~02

 これでも、まだ半分、冷凍庫にいれてある。鍋はうちの最大級の活力なべ。

  
              130819_1634~01
 きび砂糖をベリーの総重量の半分弱くらい入れたけれど、濾したらかなり甘味もとられた感じがしたので、あとで煮た分には初めは砂糖控えめにして、濾した後に更に味を見てたした。
 もちろん、アクを取りながら、煮詰めていく。

            
              130819_2126~01
 ていねいに濾す。もったいないくらいののこりかすが出るけれど、お茶にするくらいしか使う方法がないらしい。

     
 前回のももジャムの為に貯め置いたびんの在庫がなくなり、人にあげる時に瓶の方が見栄えが良くありがたい気がするけれど、瓶はまずステッカーをはずして保存しておいて後、煮沸したりしなければならないので、新しいパッケージの方法を考えた。
 小さなジッパー付きのビニル袋に一回り大きなビニル袋で再度包装して、保冷剤と一緒にあげることにしたのだ。
              130825_1147~01



 まだかなり冷凍保存してあるから、今度会う時にはオーナーさまにちょっぴり返還してあげよう。この実のオーナーは今年は全然味わっていないらしいよ。
スポンサーサイト

theme : 作ってみた
genre : グルメ

line
line

FC2Ad

line
プロフィール

和波姫

Author:和波姫
FC2ブログへようこそ!

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
カレンダー
07 | 2013/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
line
黄輪雑貨本店 新館
line
ペット人間化メーカー
line
楽天市場
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
QRコード
QR
line
sub_line